僕はチャレンジする人が大好きです。

僕自身がチャレンジするのが好きだからかもしれません。

さらにいうなれば、成果を夢見て「チャレンジしている時間」さえも好きなのかもしれません。


たまに、チャレンジしている人を、勝手に批評する人がいます。

誰かに気が散るほど暇であり、誰かを落とすことでしか救われないほどに、自分に自信がないのでしょう。


僕自身は、むしろチャレンジできる環境にさえ感謝しています。

チャレンジが許される環境があるから、チャレンジ出来るわけで。

あとは、自分がどうしたいかです。


成功者といわれる方々の中で、一度も失敗していない人はいないです。

失敗を繰り返して今があると、僕レベルでも分かります。

ましてや、幼少期から数えて、一度でも成功体験がある人なら、必ず分かるはずです。


ちなみに、僕はこう考えます。

自分のチャレンジ能力を100%と数値化するとします。

僕にとって80%レベルの仕事を続ければ、容量的に失敗しません。当然こなせます。

それを1年間の成果として、余裕綽々80点の仕事レベルとしましょう。テスト的にも合格点です。

しかし、5年続けると、80%=0.8だから、0.8×0.8×0.8×0.8×0.8=0.26。

僕のチャレンジ能力レベルは、5年前の1/4にまで下がってしまう計算に。。。


そんな人生、僕は嫌だ(笑)

誰も失敗するためにチャレンジするわけではない。

大事なことは一歩踏み出すことであり、

失敗したのならそこから学び、自分だけの経験値とし、次に生かすこと。

僕も意識的に本を読みますが、本を100冊読むより、自分の体験から学んだことが1番だと、僕は思う。

誰かの言葉を語るより、自身の言葉を語った方が、相手様にも響くことと同じ。


失敗した経験がある人は強いです。

僕自身、そう思います。



ただ。。。

チャレンジする怖さ、分かります。

チャレンジして失敗したから、次を踏み出せない怖さ、もっと分かります。

年齢的体力・気力・自信の低下による、小さく守りに入らざるを得ない怖さ、もっともっと分かります。


ホストクラブ界で言えば、「もう年だし」「周りを見ても」「夢なんて見ても」。。。

僕は『そんなことグダグダ抜かす前にやれ!必ず自身の未来はある!!』と断言します。

繰り返しますが、失敗した経験がある人は強いです。

諦めない人は、さらに強いです。


【ReBORN】を主とした、「re」がつく言葉の力。

エコの観点から「re」がつく言葉が取りざたされることも多い昨今。

また、人によっては「re」がつく単語から心境複雑なイメージを持つかもしれません。

しかし、僕は「re」のつく英単語に、真の強さを感じることが多いです。

折れていないものはモロい。骨と同じ。折れたら強くなるものが、実際は多いと僕は考えます。

revival再生(蘇生),reconstruction復興,rebirth再生(更生),regeneration再生(革新),recovery再起(回復)


誰にでも、過去はあります。

rebornには「生まれ変わる。再生した。」だけでなく「更生した。」という意味も含まれます。

見事に当てはまり、ホストクラブをきっかけに、明るく輝く仲間が目に浮かびます。


そんな【ReBORN】の頭文字をとって名付けた「Rグループ」、

今回、愛本店にて僕に集う仲間たちの通称としてみました。

(バカなことも純粋に楽しむ、そんな裏の意味もあります♡)

紹介:日本ロマンチスト協会http://japan-romance.com/power/


『自身の復活を夢見てる人、経験値ある人、チャレンジしたい人、諦めず一緒に成功しませんか?』

もちろん、まずは僕が実証して魅せます! 一緒にリアル復活劇にチャレンジしませんか!?

去年のミラクル参照:アイオスでの一年を振り返って☆ありがとう
http://mizuno-masahiro.com/archives/51989035.html


求人ホットライン(担当:十和/Rグループ)
CALL:080-9592-0060
Line ID:hostgakuen