前回のブログ:就職難民?人手不足?(1)
http://mizuno-masahiro.com/archives/51629212.html

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

さて、今回のタイミングでなぜこんなことを書いたかというと。。。

歌舞伎町ホストクラブ/フェイズ本店に久しぶりに出勤してみて、

気付いたことがありました。

紹介:歌舞伎町ホストクラブ/フェイズグループ
http://feiz-group.com/



まさしく、ホストクラブが世の中の縮図か。

女性を応援し盛り上げる側なのに(9割のスタッフはバッチリとして)

たった一人二人のスタッフですが覇気が無さすぎて!(><)!


夢を持っていないのか、諦めているのか。

あきらかに動きが悪い。

だから顔が暗い。

そんな男(ホスト)に女性が振り向くでしょうか?


自分に置き換えて考えれば分かります。

お金を払ってまで一緒に飲みたいと思いますか?

いいかげん「だらしない男営業」止めませんか?


何のために「商品が自分」という厳しい世界に入ってきたのか。

自分でしか自分を変えられないのだから、今一度「どういう自分になりたいのか」決めるべきかと。


参照:ホストクラブフェイズグループ会長/流星としての考え
http://ryusei-kaichou.com/archives/51282013.html




不況。

たしかに誰でもかれでも稼げる時代ではない。

しかし、僕はこう考えます。

今も昔もホストクラブを求めるお客様がいます。

好景気時代に比べて、お客様がよりシビアに見ているだけ。

いままで適当にやっていた人が落印を押されているだけ。


当たり前の仕事を当たり前以上にやる。

たったそれだけのことで、稼いでいる人が現にいます。


誰かのせい・何かのせいにしている男に(ホストに)、

お客様が(会社が)振り向いてくれるわけがありません(笑)


自分の価値を決めるのは自分ではない。

頑張っているつもりなだけでは?

やっているつもりなだけでは?



真剣にお客様の顔を見ていれば、答えが分かりますから。

「お客様はなぜホストクラブに遊びにくるのか?」

まずは目の前のお客様に真剣に向き合って欲しい。

あらためてここに書き記したいほどに、強く僕は願っています。


モテて、金持って、遊んで、またモテて。

そんなスパイラルはホストクラブ業界特有のもの。

せっかく縁あって一緒に働いた君。

本気で僕はあなたの成功を願っています☆


僕/カッコマンの会社の企業理念:二本足で立て。僕たちは歩き続ける、
http://www.sdj.co.jp/contents/company/family.html